布団を干す手間を手放す

わが家はリビングに布団を敷いて寝ているのですが、布団がだいぶ古くなってきたので、昨年から少しずつ買い替えています。

敷布団を買い替える

夫が選んだのはマニフレックス。(写真の商品の色違い)

icon
icon

こちらは三つ折りタイプの高反発マットレスで、除湿シートを敷けばフローリングに敷いて使う事ができます。

天日干しはできないので、普段は風通しの良い場所に置いておくだけ。

湿気が溜まりにくく、夏でもサラッとしているので、それほど干さなくても大丈夫かな?という印象です。

あまりに楽なので、私も同じものを購入するつもりでしたが、まだこども達がお漏らしやら嘔吐をする可能性があるので、同じ売り場にあったお値段半分以下のイオン【HOME COORDY】のマットレスを買ってみる事にしました。

icon

マニフレックスと高さは一緒。幅は若干広めです。

寝た感じはマニフレックスより微妙に柔らかいかなぁ???

布団に比べるとかなり硬いですが、腰痛もちの私でも今のところ問題なく眠れています。

布団干しは重労働!

腰痛持ちの私にとって、毎日ベランダに布団を運び、持ち上げて柵に干し、取り込むという作業はなかなか重労働です。

ダニアレルギーのこどもがいるのに、布団を干さないまま放置する事に罪悪感を感じてしまう事もしばしば。

少なからず、身体と心の負担になっていました。

でも、三つ折りマットレスにしてからは、そんな気持ちとも無縁です。

収納もラク

わが家には押入れがないので、日中はこんな感じで置いています。

自立するので、とてもラク。

(水色がマニフレックス。今はグレーもありますよ。)

同じ色ならもっとスッキリでしょうね。

ラクを選ぶ

ダニが発生しやすい布団のお手入れはただでさえ大変!

ダニアレルギーの家族がいれば、なおさらです。

でも、毎日の事なのだから無理する事はないのです。

自分がラクになる方法、アイテムを選んでいくのも大切な事だと思います。

布団のお手入れに限らず、家事に負担を感じる時は根本から見直すチャンスかもしれませんね。

わが家もまだまだ不便に感じている場所があるので、頭を柔らかくして解決法を見つけていきたいなと思います。