ブログ

ライフオーガナイズ

【53平米4人暮らし】家族4人分の非常用持ち出し袋とその置き場所

家族4人分の非常用持ち出し袋とその内容 家がだいぶコンパクトなわが家。もちろん収納も充分ではありません。ということで、非常用持ち出し袋は今まで大人用のリュック1つにまとめて置いていました。 非常用持ち出し袋を作ったときは子どもがまだ小さく、親がまとめて持ったほうが良さそうだったのもあるのですが、気づけば子どもたちも9歳と7歳。ちょっとくらい重たい荷物はへっちゃらです。ということで、家...
片づけ収納ドットコム

【片づけ収納ドット掲載】掲載!季節ごとの棚板調整で、布団の出し入れを劇的にアップする方法

本日の片づけ収納ドットコムに担当記事が掲載されました。 使いにくい収納でも、棚板の高さを調整するだけで、使い勝手がアップすることは意外と多いもの。 でも、面倒でそのままにしてしまうことも多いのではないでしょうか? わが家の布団収納を例に、ちょっと手間が掛かっても、定期的に棚板調整をすることで、出し入れをラクにした事例をご紹介しています。 是非ご覧ください! ...
ライフオーガナイズ

リサイクルショップで不要品を売った結果・・・

先日、整理をした子どもたちの服やおもちゃ。おもちゃは既にメルカリ出品済なので、残りの服などをリサイクルショップへ持ち込みました。 IKEAの大きな袋1袋分で1,002円。値段が付いたのは、私が25年前に購入したパタゴニアのフリース600円と、私のロングダウン300円くらいで、子どもたちの服や、雑貨はほぼ10円(パタゴニアってこんなに古くても買い取ってもらえるんですね!)。値段がつい...
ライフオーガナイズ

【53平米4人暮らし】子どもと私の3人部屋。たった6畳でも快適に過ごすためにしていること

私が子どもたちと3人で使っている部屋はたったの6畳。先日の見直しで、子どもたちの衣類、学用品、おもちゃ、私の服やしごと道具まで、全てこの部屋に収まりました。 正直、狭すぎて、びっくりされます。以前は私も「狭過ぎる!」と思っていましたが、最近はそこまで狭さを感じずに過ごせるようになってきました。 こちらは、朝子どもたちが登校したあとの、ありのままの状態・・・ やはり部屋にモノが溢...
ライフオーガナイズ

子どもの成長に合わせ、定期的にモノと収納を見直す

息子の服はIKEAの「ロースコグワゴン」に収納していましたが、サイズが大きくなり、収まりが悪くなってしまいました。秋冬ものを追加したら、もう限界!ということで、クローゼットで使っていたチェストに服を入れ替え、子ども部屋へ移動しました。 (こちらは去年の写真) ワゴンに入っていたものを、チェストに移動したのがこちら。 収納力のあるチェストに変えたことで、服もゆったり収納で...
片づけ収納ドットコム

【片づけ収納ドットコム】掲載!ウルトラライトダウンの収納バッグ活用法

本日の片づけ収納ドットコムに担当記事が掲載されました。 今回はユニクロの「ウルトラライトダウン」に付属している「収納バッグ」の活用法について。これ、単品購入できるって知っていますか?オンラインショップ限定ではありますが、単品購入できるんです。しかも、どのサイズも190円! ■収納バッグ(ウルトラライトダウン) 軽くてとってもコンパクトな「収納バッグ」は、収納...
ライフオーガナイズ

ちょうど良い収納グッズが見つからないときは、自分で作ってみる?

収納内にしっかり収まり、収納したいものをピッタリ収められる収納グッズを探すのって、意外と難しくないですか?わが家でも、リビング収納内の限られたスペースに、2Lのペットボトルをすっきり収められる収納グッズを探していたのですが、なかなか見つからない・・・。 そんなとき、たまたま物置きの整理をしていたら、余っていたワイヤーネットが目に入ったんです。これ、使えるかも?! 2Lのペ...
ライフオーガナイズ

【みつろうエコラップ作り」できることから少しずつ・・・環境にやさしい暮らし

みつろうエコラップ作りのワークショップに参加しました 昨日、仙台で活動されている岡田美香さんの「みつろうエコラップ」作りのワークショップに参加させていただきました。 「みつろうラップ」とは・・・布にみつろうやホホバオイルや樹脂などを染み込ませたラップのこと。ラップをしたい器に「みつろうラップ」をかぶせて手で温めると、みつろうが柔らかくなって、ラップのように使うことができます。...
タイトルとURLをコピーしました