これからの暮らしの為の物選び

 

ラクに片づく仕組み作りで忙しいママの暮らしをもっとラクに楽しく!
山形県寒河江市のライフオーガナイザー®︎三瓶(さんぺい)ちゆきです。

使わないのに手放せなかったものが収納を占領していた

定期的に家中の見直しをしているわが家でも、見直しをすると要らないモノが毎回出てきます。

モノは日々劣化していきますし、暮らしの変化や価値観の変化と共に自分の中の優先順位も変わっていきます。

なので、たとえ未使用であってもそろそろ手放そうかな?と思う日がやってくるのは仕方のないことですよね。

でも、そういうものが家のどこかで眠ったままになっていませんか?

そして、それらが暮らしを圧迫してはいませんか?

 

今年山形に引っ越して来たわが家では冬になりスキーウェアや雪用のブーツ、灯油などなどかさばるモノが一気に増え、ついに収納からモノが溢れました。

おかげでこども達まで「もう、広い家に引っ越したい!」と言い出す始末。汗

床にモノがあると狭い部屋が更に狭く感じられ、私もそれをストレスに感じていました。

 

そんな訳で、今までよりもさらに気合を入れて家中を見直し、いつか使うかも?と思っていたアイテムを思い切って手放すことにしました。

今はよく考えてからモノを購入するようになったので、使わないまま放置するような事は無くなりましたが、若い頃に買ったまま放置されているモノ、実はまだ少し残っていたのです。

中には20年以上経っているものも!(そんなに古いモノという認識が私にはなかったのですが。汗)

特に海外で買った雑貨や服などは再度入手することが難しいのもあって、なかなか手放せませんでした。

 

過去よりもこれからの暮らしの為の物選び

ですが、20年も経つとさすがに劣化しています。

中には変色しているものもあったので、さすがにそれらは処分しました。

それ以外にも夫は数年前に購入したまま眠っていたプラモデルと服を、私はモヤモヤしている服やバッグを、こども達は使わなくなったおもちゃや服を手放し、売れそうなものだけメルカリに出品!

やはり少しでもお金になると手放しやすくなりますからね。

買ったまま使わずにモヤモヤしているのなら、欲しい人に使ってもらった方がいいですし、何より使うかわからないものの為に貴重な空間を使っているのはもったいない!

段ボール箱一個だって気になる狭い狭いわが家ですからなおさらです。

大切にしたいのは、これからの暮らしの為の物選び。

家族みんなが【この家で良かった】と思えるように少しずつ整えていけたらいいなと思っています。

配置を少し変えて整理中のリビング。

テレビの下に行き場を失った箱が2箱。今年中にこれらの収納場所を確保することが目標です。

ごちゃごちゃした棚もこの機会に整理したい!汗

コメント

タイトルとURLをコピーしました