着なくなった服の手放しかた、活かしかた


2LDKの小さな家に4人で暮らす転勤族
ちょっとした工夫で暮らしにゆとりを

ライフオーガナイザー®︎の三瓶 ちゆきです。

▷ インスタグラムはこちら


だいぶ暖かくなってきた山形。
まだまだ朝晩は冷え込みますが、気持ちはすっかり春なので、少しずつ衣替えをしています。
で、毎度のことながら悩めるのが、不要になった服の処分。

皆さんのお宅にも、着ない服が眠っていませんか?
それらを無くすだけでも、収納に余裕が生まれるはずですよ。

今回は、子どもたちのサイズアウトした服だけでなく、夫が手放した服も大量にあるので、部屋の端に服の山ができてしまいました。

さ~て、これらをどう手放すか・・・。

着なくなった服の手放しかた

私の場合、「売れるのでは?」「少しでもお金になれば」という思いから、真っ先にメルカリで売ることを考えます。

でも、いざとなるとちょうどいい梱包資材がなかったり、服の場合は写真撮影や説明書きが面倒で断念することもしばしば。

結局、わが家の場合、きれいな服はリサイクルショップへ、ユニクロ・GU・無印良品などで買った服はそれぞれのお店へ、それ以外はまとめてH&Mで回収して貰うというパターンがほとんどです。

特にH&Mはブランドに限らず回収してもらえるうえ、クーポンまで頂けるので、わが家にとってはありがたい存在!クーポンを頂けるお得感もあり、気持ち的にも手放しやすいと感じています。

他にもいろいろな手放し先がこちらに掲載されていますので、是非参考にしてみてください。

古着を生地として活かす

いつもは以上の方法で手放してきた古着ですが、今年はそれに「生地として活用する」という選択肢もプラスしました。

思う存分使える古着は、子どもの手芸や工作にもピッタリです。
高い生地を子どもの工作に使われるのはちょっと・・・と思う時に、活躍すること間違いなし!

ぬいぐるみの服に作り変えたり、今年は夏用の布ぞうり作りにもチャレンジしてみたいなぁと思っています。
エコバッグや巾着などに作り変えてもいいですよね。

学校で必要になることもあるので、お気に入りを少しだけストック。
捨てるだけではなく、別の使い道があることも、子どもたちに伝えていけたらいいなと思っています。


実は昨日、不要になった服を手放しに行く予定だったのですが、まさかの大地震・・・。
とりあえず、狭い部屋に置いておいても邪魔になるので、いつでも運べるよう、車の荷台に積んでおきました。
こういうときは、なるべく床にものを置かないのが一番ですからね。
来週早々にでも、手放してこようと思います。

タイトルとURLをコピーしました