収納を”見える化”するメリット


2LDKの小さな家に4人で暮らす転勤族
ちょっとした工夫で暮らしにゆとりを

ライフオーガナイザー®︎の三瓶 ちゆきです。

▷ インスタグラムはこちら


皆さんは、中身が見える収納、見えない収納、どちらが好きですか?

私は、中身が見えない収納が好きでしたが、子どもが生まれてからは、どこに何を置いたのかすぐに忘れてしまうことが増えてしまったんです。

忙しくなったのもありますが、一気にモノが増えたのも原因だと思います。

おかげで、片づけに悩まされました時期もありましたが、そんな私でもまた片づけられるようになったのは、収納を”見える化”したことがきっかけでした。

”見える化”するメリット

収納内が見えると、見た目はごちゃごちゃして見えます。
最初はそれがとても気になって仕方なかった・・・。

でも、管理はラクだし、いつの間にか家族から「あれ、どこ?」と聞かれることがなくなったんです。

それまで、自分の好みだけで決めていた収納。
家族には収納の中身が見えているほうが使いやすかったんですよね。

見た目が気になるなら、中身を整えればいい。
そうすることで、収納も使いやすく快適になりました。

片づけ収納ドットコムでは、洗面所下収納を”見える化”した記事を書いています。
是非こちらもご覧くださいね。

もう洗面台下にモノを溜め込まない!「見える化」したら在庫がわかる快適な収納に - 片づけ収納ドットコム
中身の見えない収納用品はすっきり見えるけれど、中のものを把握しづらいのが難点。収納を「見える化」することで、“すっきり快適”を叶えた洗面台下収納のビフォーアフターをご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました