【夫の丁寧な暮らし】お気に入りの道具たち

 

忙しいママの暮らしをラクに楽しく!

山形県寒河江市のライフオーガナイザー®︎三瓶(さんぺい)ちゆきです。

 

お手入れをする楽しみ

 

夫は良いモノを買って来て、お手入れしながら大切に使うのが好きな人です。

 

もう20年くらい前から使っている大きな中華鍋(大・小)に蒸籠(左上)。

銅の卵焼き器(真ん中)に南部鉄器のたこ焼き器(右下)、プロ仕様の大きな天ぷら鍋(右上)や押し寿司の型なんかも持っていて、週末はそれらを使って料理を楽しみます。

ここに先日、南部鉄器のすき焼き鍋が加わりました。

 

どちらもOIGENさんのものです。

 

ついでに私が唯一買ったフライパン(一番上の写真左下)も鉄ですし、鍋はル・クルーゼやストウブ、ステンレスのものを使用しているので、どれもお手入れすれば長く使えるものばかり。

 

以前はテフロンのフライパンなども使っていましたが、買い替えが面倒ですし、その都度お金も掛かりますので、今は買い替えの必要がほとんどない、これらの道具を大切に使っています。

正直どれも重いのですが…すっかりこの重さに慣れてしまい、今では重さがないと物足りないくらいです。笑

 

鉄フライパンのお手入れ

 

面倒だと思われがちな鉄フライパンのお手入れ。

わが家の場合、中華鍋はタワシでざっと洗い、火にかけて水分を飛ばすだけ。

鉄のフライパンに至っては、基本洗ってそのまま放置です。

(お酢の入った料理をした時だけ、サビ防止の為に水分を飛ばしています。)

たまーに硬いスポンジで磨いてお手入れするくらいなので、他のフライパンと大して変わらないんじゃないかな?

こちらのフライパンもお気に入りの一つです。

 

 

お気に入りを使い続ける

 

調理器具も大切に使っていますが、割れてしまいがちな陶器も夫は金継ぎしながら大切に使っています。

 

 

素人なので仕上がりは美しくありませんが、大切に使う姿勢は見習いたいところ。

こうして自分でお手入れする事で愛着も湧いてくるようです。

 

お気に入りを長く使い続ける事で時間的にも経済的にも余裕が生まれますし、何より環境に優しい!

大切な道具たちをお手入れしながら育てていく事は楽しみの一つでもありますから、これからも大切に使い続けていきたいなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました