紙袋をストックする基準

 

忙しいママの暮らしをラクに楽しく!

山形県寒河江市のライフオーガナイザー®︎三瓶(さんぺい)ちゆきです。

今日は溜め込みがちな紙袋のお話です。

※旧ブログのリライト記事です。

 

紙袋を溜め込んでいませんか?

 

 

みなさんは紙袋ってどのくらいお持ちですか?

私は紙袋を捨てられず、大量に溜め込んでいた時期がありました。

そして、いざ使おうとしたら、接着剤が劣化していて使えない…なんて事も!

 

私の住んでいる地域では紙ごみを紙袋に入れて捨てるので、ある程度の量は必要なのですが、紙はカビや虫がわく原因になると聞き、数ヶ月前から真面目に管理するようになりました。

 

プレゼント用にストックする紙袋の基準

 

 

とにかく未使用のもの。

しかも、自分が貰って嬉しいと思えるもののみ保管。

ボロボロの紙袋、貰って嬉しい人はいないですからね。

とはいえ、新品の素敵な紙袋が手に入るのは手土産を買った時くらい。

なので、100均で無地の紙袋を購入して利用する事も多いです。

 

なぜ、わざわざ購入するのか?

 

以前、地元で有名なお菓子屋さんの紙袋でスナック菓子を貰った時、心のどこかで期待しちゃったんですよ。

あのお店のお菓子かな?と。苦笑

もちろん、期待した私がいけないのですが、あまり良いお店の袋に入れてしまうと、期待する方もいらっしゃるはず!

なので、いざという時の為に100均の紙袋も大小ストックしておく事にしたのです。

無地の紙袋なら、ちょっとしたプレゼントにも使いやすく、思った以上に重宝しています。

 

保管方法と量

 

 

紙袋の種類としては、ごみ捨て用とプレゼント用の2種類。

わかりやすいよう場所を分けて保管しています。

今のわが家にはこのくらいの量で充分。

ごみ用もたいてい2〜3枚です。

(これは使う量によりますね。)

 

このくらいの枚数でやりくりするようになり数ヶ月経ちましたが、今のところ全く困っていないので、これが今のわが家の適量かな?と思っています。

 

紙袋のストックもまずは適量を把握する事から。

紙袋とはいえ、大量にあれば場所を取りますし、特に使用済みの紙袋は虫やカビの原因になる場合もあるので、もし大量にある!という方は一度チェックしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました